Font Controller

+(reset)-

東京ブランドロゴ

PORT&TOKYO

グループ企業リンク

 

株式会社東京臨海ホールディングス

 

株式会社東京テレポートセンター

 

東京港埠頭株式会社

 

株式会社東京ビッグサイト

 

株式会社ゆりかもめ

 

ギャラリーリンク

ギャラリーへ

著作物について

本サイトの文章、図版などの著作物は「東京臨海熱供給株式会社」に帰属します。 個人、法人にかかわらず著作物を無断で利用することはできません。 ご利用の際は連絡をお願いいたします。

東京臨海熱供給株式会社は、平成2年8月臨海副都心地区の地域冷暖房の供給会社として設立されました。平成5年3月に熱供給事業法に基づく事業許可を受け、平成7年10月から臨海副都心のオフィス、テレビ局、店舗、病院、レジャー施設、展示場、ホテル、国の防災拠点等の施設に冷暖房・給湯用の熱供給を行っています。

地域冷暖房システムは、環境保全、省エネルギー、防災、都市美観など多くの利点があることから、臨海副都心の重要な基盤施設として位置付けられています。本システムの特徴は、この地域のクリーンセンター(清掃工場)の排熱蒸気を熱源の一つとして利用し、CO2の削減と省エネルギーの推進に寄与していることに加え、ライフライン専用に設けられた共同溝内に地域導管を敷設し、信頼性の高い熱供給を実現していることです。

弊社では、東日本大震災の経験を踏まえた震災への備えやCO2削減などの社会的要請に応えるとともに、今後の臨海副都心の発展に的確に対応し増設・改善を行い、お客様に安心して使用していただけるよう、より高い安定供給と安全操業に努めて参ります。

臨海副都心に地域冷暖房を提供する会社です。

臨海副都心マップ

1カ所あるいは数カ所のエネルギープラントで冷水・温水などを作り、一定地域内のビルに配管でそれらを供給して、冷暖房・給湯を行うシステム。

This movie requires Flash Player 9

冷暖房システムは大別して、個別の建物ごとに設置される「個別熱源」と複数の建物に対して一つの設備を設置する「地域冷暖房」の二つとなります。
当社は個別熱源に比べて3割以上省エネです。
CO2排出量も同様と推定されます。

-「未利用エネルギー面的活用熱供給の実態と次世代に向けた方向性」報告書(平成20年3月 経済産業省資源エネルギー庁)

当社は他の地冷と比べても単位当たりのCO2排出量は3割超低いです。
更に、今後の大規模設備投資により、一層の排出量低減を計画しております。

熱料金コストの削減

当社は、平成7年開業以来、短い間に4回の値下げを実施しました。(この結果、平均熱料金は開業当初より3割低下しております。)
これは、厳しいコスト削減努力を行い、これを料金値下げにより需要家様に還元した結果です。

平成17から20年度にかけても、エネルギーコストの大幅な上昇はあったものの、値上げはしておりません。
各種割引制度により、さらに割安な料金を実現しました。

各種割引制度のページへ

当社熱料金推移

熱料金の詳細については当社までご連絡ください。

1.高効率熱源機器の導入(省エネ)、設備投資単価の圧縮(省設備費)
・熱製造設備増設による導入(現状の保有台数と同等程度の台数)
・現有設備老朽化に伴う新規設備導入(現状の保有機器を全台数入れ替え)
2.省エネ、省コスト型運転管理(省エネ、省運転管理費)
3.厳密な修繕管理体制構築(省修繕費)
4.新規需要家様の増加によるスケールメリット(需要家の皆様により多くご利用いただければ、更に料金値下げの可能性が高まります。)

専門スタッフによるDCS(集中管理システム)を用いた24時間365日常時監視体制を敷いております。

また、各種設備機器については、定期的設備保守体制を敷いております。

この結果、当社は開業以来、無事故で、熱供給の停止は全くありません。