社長あいさつ

東京臨海熱供給株式会社は、平成2年8月臨海副都心地区の地域冷暖房の供給会社として設立されました。平成5年3月に熱供給事業法に基づく事業許可を受け、平成7年10月から臨海副都心のオフィス、テレビ局、店舗、病院、レジャー施設、展示場、ホテル、国の防災拠点等の施設に冷暖房・給湯用の熱供給を行っています。

地域冷暖房システムは、環境保全、省エネルギー、防災、都市美観など多くの利点があることから、臨海副都心の重要な基盤施設として位置付けられています。本システムの特徴は、この地域のクリーンセンター(清掃工場)の排熱蒸気を熱源の一つとして利用し、CO2の削減と省エネルギーの推進に寄与していることに加え、ライフライン専用に設けられた共同溝内に地域導管を敷設し、信頼性の高い熱供給を実現していることです。

弊社では、東日本大震災の経験を踏まえた震災への備えやCO2削減などの社会的要請に応えるとともに、今後の臨海副都心の発展に的確に対応し増設・改善を行い、お客様に安心して使用していただけるよう、より高い安定供給と安全操業に努めて参ります。

 

 

 

概 要

会社名 東京臨海熱供給株式会社 Tokyo Rinkai Heat Supply Corporation
資本金 104億円
事業内容 温水、冷水等の熱供給に関する事業 前号に関連または付帯する一切の事業
株 主 株式会社東京臨海ホールディングス 100%

沿 革

平成 2 年 8 月 東京臨海熱供給株式会社を設立
平成 5年3 月 熱供給事業法によって事業許可
平成 7 年10月 熱供給開始
平成10年 3 月 年間販売熱量50万GJ達成
平成10年10月 第1回熱料金値下げ
平成13年 4 月 第2回熱料金値下げ 高負荷割引制度導入
平成15年10月 第3回熱料金値下げ
平成17年 3 月 年間販売熱量100万GJ達成
平成18年 10 月 第4回熱料金値下げ 大温度差調整割引制度導入
平成19年 1 月 株式移転方式により臨海ホールディングス設立し、当社は子会社化
平成20年 4 月 蓄熱調整割引制度導入
平成23年 4 月 第5回熱料金値下げ
平成28年 4 月 熱供給事業法の一部改正にともない「指定旧供給区域」の指定を受ける
平成29年1月 期限付料金減額制度導入

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文字の拡大縮小
臨海副都心の地域熱供給
冷凍機しくみ
地域熱供給メリット
プラント探検