冷水蓄熱調整特約

(1)冷水蓄熱調整特約とは

(2)適用条件

●お客様による自社ビル内での蓄熱槽設置と実際の利用

(3)蓄熱槽活用の効果

①ピーク使用量の抑制

②省エネとCO2削減(エネルギーのピークシフトと熱源効率の向上)
③非常用熱源、災害時の消防・生活用水としての活用も
なお、蓄熱槽設置費の回収は熱料金低減効果で短期回収が可能
(通例 3~6年)

グループ企業リンク
ダミーです
ギャラリーリンク
ギャラリーへ